ハードディスクのリカバリ方法を徹底検証

外付けHDDのデータ復旧マニュアル » 外付けHDDの復旧方法

外付けHDDの復旧方法

ハードディスクが不調に陥ってしまったら

突然起こるハードディスクの不調。ファイルが見えなくなったり、開かなくなったり、酷いときにはハードディスクを認識しなくなったりと、ハードディスクが不調に見舞われると大変ですね。ましてや、バックアップを取られていない重要なデータなどは、なんとしてでも取り戻したいものです。

ハードディスクが不調に陥ってしまった時の対処法として知っておきたいことを、

自分でできるハードディスク診断の方法や、データ復旧ソフトを利用するメリット/デメリット専門業者によるデータ復旧についてそれぞれ説明していますので、是非、参考にしてみて下さい。

ハードディスク故障の原因を特定する方法

ご自分でハードディスクを復旧させるにしろ、データ復旧の専門業者に依頼するにせよ、現状の状況を冷静に把握しなければなりません。以下について、慎重に確認してください。

◆電源が入るか?電源の故障、電源ケーブルの故障による電源不具合か?

◆接続ケーブルは正常か?USBケーブルなどの断線、接触不良ではないか?

◆ハードディスク本体の故障か?ハードディスクが回転していない。異音がする、アクセスランプが点灯し続けるなど。(物理的障害)

◆データ破損による読み出しエラーか?(論理的障害)ハードディスク内の一部分のデータのみアクセスできないのか?ハードディスク内のデータ全てにアクセスできないのか?

電源や接続ケーブルの異常であれば、復旧は難しくありません。

ハードディスク本体の故障の場合、慎重な対応が必要です。物理的障害の場合は、ご自分で復旧させることは難しいでしょう。データ破損による読み出しエラーであれば、データ復旧ソフトなどを利用して復旧させることができるかも知れません。しかし、物理的障害なのか論理的障害なのか判断出来ない場合や、データ復旧ソフトの機能を熟知していない場合はデータを破損させてしまい復旧できなくなる可能性があるので、専門業者への復旧依頼も検討しましょう。

 
ページの先頭へ
外付けHDDの復旧ガイド