ハードディスクのリカバリ方法を徹底検証

外付けHDDのデータ復旧マニュアル » ハードディスクの基礎知識 » RAID(レイド)について

RAID(レイド)について

RAIDの概要

RAIDレイド(Redundant Arrays of Inexpensive Disks、もしくはRedundant Arrays of Independent Disks)とは、複数台のハードディスクを組み合わせ、アクセスを分散することにより、高速で大容量、かつ信頼性の高いディスクアレイ(仮想的な1台のHDD)を実現する技術ことです。

RAID-0からRAID-5 まで6つのモードがありますが、RAID-0の「ストライピング」、RAID-1「ミラーリング」、RAID-5「パリティ-ストライピング」の3つが一般的です。

RAIDを直訳すると「安価な複数のディスクによる冗長な配列」となりますが、「複数の安価な(もしくは独立した)HDDを組み合わせ、冗長化されたストレージ」として管理する技術と理解できます。RAIDを構築するには、ソフトウェアによるソフトウェアRAIDと、RAID専用ハードウェアを使用するハードウェアRAIDの大きく2つに別れます。

ソフトRAIDとハードRAIDのメリットとデメリット

ソフトウェアRAID

複数のハードディスクを一連のディスク群として、1つの論理記憶装置と見せかける機能を持つソフトウェア(RAIDソフト)を実現させます。

メリット:追加ハードウェア投資を必要とせず、安価に実現できる。専用コントローラに依存しないため、コントローラが故障してもデータが保持される。

デメリット:CPU処理により実現するためCPUの負荷が増える。信頼性や速度の点ではハードウェアRAIDに劣る。

ハードウェアRAID

CPUとは独立したハードウェア・コントローラがRAID処理を実行します。コンピュータのPCIバスに接続するカードタイプや、USBの外付け型のハードディスクでもRAID機能を装備した製品も発売されています。

メリット:ハードウェアRAIDでは、一連の処理をRAIDコントローラが処理するためCPUに負荷がかかりません。

デメリット:ハードウェア導入のためのコストがかかります。ハードディスクが故障していなくとも、RAIDコントローラが故障するとデータを取り出せなくなる可能性があります。

 
ページの先頭へ
外付けHDDの復旧ガイド