ハードディスクのリカバリ方法を徹底検証

外付けHDDのデータ復旧マニュアル » ハードディスクの基礎知識 » 外付けHDDの寿命

外付けHDDの寿命

「保存」とは、そのままの状態で残しておくという意味ですが、しかしHDDに保存したデータというのは、永久に「そのままの状態で残して」おけるわけではありません。永久はおろか、数年先でさえも失われずに残っているかどうか…。というのも、HDDには寿命があるからです。

外付けHDDの寿命について

では、HDDの寿命とはいったい何年なのか?
残念ながら「わからない」というのが答えです。

10年もつこともあれば、たった半年あまりで壊れてしまうこともあります。同じメーカー・同じ製品でも寿命はバラバラですので、もはや運次第と言っても良いのかもしれません。

寿命を迎えた外付けHDDのデータを復旧してくれる業者を比較しました

外付けHDDの寿命が縮む原因は?

HDDの寿命は、運次第のところもあるのですが、寿命を縮めてしまう原因については明らかになっています。裏を返せば、これらの原因を避けることで、HDDの寿命を延ばすことができるわけです。

ここで、HDDの寿命を縮める原因について、いくつか紹介したいと思います。

HDDは精密機械です。そして、精密機械の弱点は何かと言えば、それは衝撃です。HDDを運ぶ際や設置する際に、振動や衝撃を受けることで、HDDの寿命は縮みます。できる限り動かさないのが鉄則ですが、もし動かす必要が生じたときには、細心の注意を払うようにしてください。また、熱やホコリも、精密機械であるHDDにとっては天敵となるので、設置場所にも気を配る必要があります。

外付けHDD内のデータを守る方法は?

たとえ、衝撃、熱、ホコリなどの対策に万全を期したとしても、いつかHDDは寿命を迎えます。その直前にアラームなどで知らせてくれれば良いのですが、もちろんそんなことはなく、HDDの故障・停止は突然にやってきます。

そうなっても困らないように、常日頃から、定期的にバックアップを取っておく習慣が必要でしょう。

しかし、定期的にバックアップを取っていたとしても、突然のアクシデントによって、データを取り出せなくなってしまうこと、あるいは消えてしまうことなどもあるかと思います。その際、自力で復旧を試みることはおすすめできません。なぜなら、素人があれこれいじることで、HDDに更なるダメージを与えてしまうことがあるからです。

HDDが故障したときには、専門業者にデータ復旧を依頼するのが賢い選択だと言えるでしょう。

 
ページの先頭へ
外付けHDDの復旧ガイド