外付けHDDの復旧ガイド

ハードディスクのリカバリ方法を徹底検証

今、あなたのHDDはどのような状態ですか?

このサイトでは以下のような問題の解決策をご紹介していきたいと思います。

よくあるHDD関連のトラブル事例
  • 外付けハードディスク内のデータベースにアクセスできない。
  • HDD内部から異音がする/煙が出てきた。
  • RAID機器が反応しない/認識されない。
  • 誤ってデータを削除してしまった。
  • USBフラッシュメモリと間違って初期化してしまった。
  • 意味の分からないエラーメッセージが表示される。

PC自体の起動不良を含む、HDDの機械的なトラブルに関しては、経年劣化の他、室内環境の急激な変化によって発生することがあるようです。そのため、オフィスなどの空調が停止される連休明けなどに発生することが多いと言われています。こうした場合は、ハードディスクの交換や修理が必要となることもありますが、内部に蓄積されたデータ自体はサルベージする方法がありますのでご安心下さい。

また、突然フリーズしたためリセット処理を試みたものの、デバイスエラーで再起動中にストップしてしまうといったケースでも復旧は可能です。ただし、Web上に氾濫している応急対策を安易に実行すると、最悪の場合データが完全に消失してしまうこともありますので、私としては専門業者に委託することを強くお奨めいたします。

>>今すぐ確実にデータ復旧をしたい方はこちらへ

外付けHDDトラブルの自己診断

最終的な判断は別としても、まずは自分で現状を把握したいという方もいらっしゃると思います。そこで、以下に代表的な故障事例と解説をまとめてみましたので、該当する項目を参考にして下さい。

異音や認識トラブル

  • 「カチカチ」「カタカタ」と変な音がする。
  • 「ウィーン」という普段聞こえる回転音がしない。
  • 松ヤニを焼いたような、焦げ臭い煙が発生した。
  • 外付けハードディスクやRAID機器が認識されない。
  • 「Hard Disk ERROR」と表示され先に進まない。

この場合、駆動部分を含むハードディスク本体が壊れる「物理障害」に陥っている可能性があります。

異音がする時や、その逆に何の音も聞こえないといったケースでは、磁気ディスク(プラッタ)を駆動させるスピンドルモーターやアームアクチュエーターに機械的な不具合が発生してい可能性が大きいと考えられます。

また、発煙トラブルに関しては、ほぼ確実に制御基盤がショートしているので、ボード自体を交換する必要が生じます。ただし、型落ち製品の場合、製造メーカー側でもドライブ機構と規格が適合している基盤をストックしていない可能性もあります。

HDD/RAIDが認識されないケースは、上記のような物理的トラブルによってOS側との交信が不可能になっているために発生することが多いようです。「Hard Disk ERROR」表示は、こうした故障をOS側が認識した際に出る警告文です。複数台のハードディスクで構成されるRAIDの場合、データを分割して保存するという構造上、どれか1台でも不具合が生じてしまうとシステム全体が認識不能となります。例え、問題が発生したHDDを特定できたとしても、安易に交換を試みると1台分のデータが失われるだけでなく、システム全体がリカバリ不能となります。

いずれにせよ、これらのケースでは残念ながら自力復旧は諦めた方が懸命だと思います。ハードディスクは、CDやDVDなどの光ディスクと異なり、局所的に収束させた磁場によって書き込みを行うという性質上、保護筐体外に取り出すと周囲の静電気や磁性体からの影響で簡単にデータが消失してしまうのです。それゆえ、よほどの知識が無い限り解体修理を行うことは無謀だと言わざるを得ません。データ復旧を諦め、本体を丸ごと新品に交換するつもりでもない限り、専門業者へ委託すべきだと思います。今ではTバイトクラスでも15万程度、Gバイト程度なら1万円台で対応してもらえますので、一度検討してみる価値はあります。

データ関連のトラブル

  • 誤ってデータを削除してしまった。
  • 誤ってディスクをフォーマットしてしまった。
  • 「フォーマットして下さい。」「初期化して下さい。」というメッセージが出る。

ご存知かも知れませんが、一度削除されたデータでもPCが物理的に破壊されない限りサルベージする方法があります。また、フォーマットされたHDD内部にも過去の情報は保存されています。市販されているデータ復旧ソフトウェアの多くは、主にこのトラブルに対処するために作られています。

誤ってデータファイルを削除してしまったケースでは、復旧対象となるデータが、システムドライブかデータドライブのどちらに所属しているかによって対応が変わってきます。しかし、基本的には問題が発生している側のドライブを、復旧ソフトでスキャンすれば良いだけです。ただし、こうしたソフトを使用する前に、問題のデータが保存されていたドライブを、直ちに保護する必要があるのです。ソフトでスキャンする前に新しいデータが書き込まれてしまうと、復旧対象データが物理的に消失してしまうからです。

このリカバリ対象が、データドライブ側にあれば、展開しているアプリケーションを停止させれば良いだけですが、システムドライブ側にあった場合は非常に難しくなります。システムドライブはOS によって頻繁に更新されるので、これがアクティブになっている限り完全な保護は困難なのです。最も安全な方法は、PCを即座にシャットダウンして問題のドライブを取り外し、別のコンピュータにデータ ドライブとして取り付けることです。PCが1台しかない場合でも、ドライブの脱着とOSの再インストールをおこなえば同じ処置が可能となりますが、生半可な知識で試みるのは危険かと思います。

一方、HDD自体を初期化してしまったケースでは、「FINALDATA」や「R-Studio」などといった専用ソフトを使用することになるかと思います。しかし、こうした場合は20GB程度のHDDですら数時間のスキャンタイムを必要とする上、フルアクセス状態が持続するため、ハードディスクを破損してしまう可能性もあります。技術的な困難が付きまとうため、これらのソフトを責めるのはお門違いですが、とにかくこのケースは専門家に任せた方が確実です。

さらに、初期化を促すエラーメッセージが出た場合も、よほどの上級者でない限り自己修復を試みるべきではありません。パーティションブートセクタの情報が破損している可能性が高いのですが、物理障害の場合にも同様の警告が出るため、これらを見極めた上で対処し得る知識が必要なのです。

>>格安のHDD復旧業者を集めて比較してみました<<

エラーメッセージ/起動不良

  • 「ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく起動出来ませんでした。」と表示される。
  • 「BOOT DISK FAILTURE」と表示され先に進まない。
  • 「Operation system not found」 と表示され先に進まない。
  • WindowsXP/7の起動画面から先に進まない。

「Windowsが正しく~」のエラーに関しては、まず「前回正常起動時の構成」を試してみる必要があります。それでも同じ画面が現れる場合は「セーフモード」を選択し、同モードに移行した後に問題と思われるデバイスドライバーやアプリケーションを「プログラムの追加と削除」でデリートしてみて下さい。

「BOOT DISK FAILTURE」の警告が出た場合は、保存されているデータやマスターブートレコードの破損などの「論理障害」が発生しているケースと、物理障害の両面を疑う必要があります。論理障害の場合コマンドプロンプトから「chkdsk c: /F」を実行してHDDの破損を点検する方法と、市販のディスクチェックツールを試すといった手段があるかと思います。しかし、万が一物理障害に起因するトラブルであった場合は、これらの処置を行うことで最期のトドメが刺さってHDDが一切動かなくなる可能性があります。

「Operation system not found」は、文字通りOSが見つからないというエラー表示です。原因としてはハードディスクの物理障害とBIOSの不調によるものが考えられます。BIOSとはPCに接続されたハードウェアを制御するシステムのことですが、バッテリーの劣化や雷などにより電圧が不安定な状態になると、デバイスの認識に障害が発生することがあります。こうした場合、BIOS設定の初期値を読み込ませるとリカバリできる場合がありますが、ハードディスク自体の故障であった場合は業者へ委託するしかありません。

起動画面から先に進まない場合は、まず「セーフモード」でシステムの復元を試みるのが良いかもしれません。セーフモードでも回復できない時は、OSのシステムファイルかレジストリが壊れている可能性があるので、起動ディスクを使用して立ち上げるしか無いと思います。起動ディスクでもブート出来なかった場合は、HDDそのものが壊れている可能性があるので交換した方が良いかもしれません。また、当然ながら起動ディスクの作成を怠っていた場合は、この方法は使えません。

なお、今まで述べてきたどのトラブルケースでも、むやみに再起動を繰り返すことだけは、絶対に避けて下さい。ハードディスクに物理的な負担をかけるでけでなく、PCを立ち上げる度にデータが更新されてしまい、サルベージしたい情報そのものが上書きされてしまう可能性があるからです。

いずれにせよ、まず初めに行うべきことは、リカバリ対象がどの程度の価値を持つデータであるかを検討することです。特に仕事用のPCである場合は、顧客データ消失による機会損失や、社会的な信用の失墜をよく勘案してから、事に当たるべきかと思います。

>>HDD復旧サービス各社の詳細情報はこちら<<

 
ページの先頭へ
外付けHDDの復旧ガイド